僕の雄叫び

デザイン学生による雑記ブログ

僕の雄叫び

スポンサーリンク

今年1番の収穫はクレジットカードを持ったこと。現金で消耗する日本人

スポンサーリンク

今日、Twitterを見ていたらこんな記事が流れてきました。

内容はクレジットカード比較サイトは行ったアンケート調査で、若年層にクレジットカードのイメージについて聞いたもの。

アンケートの結果、全体の43%が「借金みたいで嫌い」という解答をしています。

海外ではキャッシュレス化が進んでいますが、日本は未だにクレジットカードに対して否定的な意見が目立ちますね。

  

ぼくの今年1番の収穫はクレジットカード

今月、2017年で買ったもの・使ったサービスをまとめる記事を書いたのですが、
書き終えた後に何が今年1番の収穫だったかと改めて自分に問うと、1番はクレジットカード払いに切り替えたことでした。

 

なぜ現金を使わなくなったのか

f:id:sakayu9803:20171226203233p:plain

ぼくはそれまでクレジットカードを持っておらず、現金で支払う生活をしていました。
なぜ、クレジットカードを持っていなかったかというと、必要性が全く感じられなかったからです。

昔からクレジットカードに対して、否定的でも肯定的でもなかったんですが、ある日、現金で消耗している自分に気が付きます。

 

まず気づいたのが、駅に隣接するコンビニで朝、お茶を買っているとき。

朝のコンビニといえば、サラリーマンや学生で混み合い、レジがなかなか進みません。場所によるとは思いますが、少なからずウチの近所のコンビニではちょっとした行列が出来ます。

店員さんは比較的テキパキとお客さんをさばいているんですが、支払いをするお客さんがやたら時間をかけて支払っているのです。そんな中、クレジットカードでサッと支払いを済ませるサラリーマンを見て、クレジットカードを持てば無駄な時間を使うことが無くなるんだと痛感したのです。

 

たかだかレジに並ぶくらいの時間でと思われるかもしれませんが、ちりも積もれば山となる。他人と自分の人生の限られた貴重な時間を奪うことになります。

この時、「財布を覗き込み、硬貨を選び、支払いを済ませ、場合によってはまた時間を取られる硬貨をおつりとして受け取る」一連の行為が馬鹿らしくなりました。

 

ぼくは時間を取られるのが非常に嫌だと感じる性格なので、すぐにクレジットカードを持つようになりましたが、現金で支払いを続ける人には人によって様々な理由があると思います。

 

クレジットカードを使わない人に使えと強要はしませんが、一年間クレジットカードで支払いをした結果、メリットばかりだったので他人のには「クレジットカード使ったほうが良いよ」とは言います。

 

クレジットカードの恩恵

f:id:sakayu9803:20171226203316p:plain

クレジットカードを持ったメリットは大きく3つ。

POINT

・時間の節約になる
・安全性が増す
・お金の管理がしやすくなる

時間の節約になることは、先程書いたもので理解して頂けるかと思いますが、他の2つについても簡潔にご説明します。

まず、安全性が増すというのは、現金を持たなくなるので、他人に盗られる心配がありません。現金だと普段、財布で持ち歩くかと思いますが、財布を落としても、現金が戻ってくる可能性は極めて低いかと思います。

対してクレジットカードは、多くの会社が厳重なセキュリティー対策をしている上に、他人の不正利用に対して全額補償サービスがあります。

 

また、お金の管理についてなんですが、今でも現金で支払った後にレシートを貰い、家計簿をつけている方がいます。クレジットカードであれば、利用した履歴が全てデータとして残っているので、スマホやPCからアクセスして、いつどこでいくら使ったか全て確認することが出来ます。

 

ただ、デメリットとしては手続きが面倒なぐらいでしょうか。
しかし、生涯現金で消費する時間よりクレジットカードの登録書類を書く時間のほうが短い時間だとは思います。

 

クレジットカードの利息は現金派が負担している事実

f:id:sakayu9803:20171226201951p:plain

これはぼくがクレジットカードについて調べている時に知ったんですが、クレジットカードの利息って現金払いの人たちが負担しているんですよ。

クレジットカードは借金みたいで嫌いという解答が最初にありましたが、クレジットカードは自分が買った分の金額を後で引き落としをされるだけなので、現金で払おうがカードで払おうが金額差はありません。

なんならポイントがつくのでカードの方がお得なくらいです。

 

では、無利子で負担するクレジットカード会社はどこから利益を得るのか?

それは、お店から徴収する手数料です。

クレジットカードで支払いをする度に、お店はクレジットカード会社に手数料を払います。正直に手数料だけ払っていたらお店側も利益を得る事ができません。

 

では、どこでお店は利益を得るのか。

それは、皆さんが買っている商品からです。あらかじめ、お店に並ぶ商品はクレジットカードで支払う手数料分を上乗せしているのです。

現金派からすると、他人が使うクレジットカード分の手数料を払わされていることになります。

 

これって、すごく損だと思いませんか?

ぼくもそうでしたが、多くの人はこの事実を知らないです。ほんと世の中うまくできてますよ。苦笑

 

 まとめ

長々と書いてきましたが、ぼくが言いたいのは、自分にとって何がプラスであり、マイナスであるかを考えることです。ぼくにとってクレジットカードを持つようになったのは、2017年で最もプラスでした。

今後もクレジットカード払いを軸にするので、生涯プラスです。

皆さんも改めてクレジットカードを検討してみると良いかもしれません。
この記事があなたにとってプラスになることを願ってます!

 

ちなみに僕は色々調べて、クレジットカードは三井住友Visaカードを使ってます。恐らく多くの人が聞いたことがある「三井住友」のブランドネーム。さらにVisaは世界シェアNo.1ですからね。

学生の立場からすると、三井住友は学生専用の18歳~25歳の方のためのポイント2倍カード なんてものがあるのでクレジットカードデビューにはおすすめです。もちろん、社会人の方にも。

クレジットカードについてのQ&Aは公式ページに沢山載ってるので、ぜひ、ご検討ください。調べるの面倒!って人は早速申し込んでも良いかもしれません、ぼくは信頼できるカード会社だと思っているので。

そんなこんなでクレジットカードについてのお話でした!

 

クレジットカードなら三井住友カード・お申込み・詳細はこちら

スポンサーリンク