僕の雄叫び

デザイン学生による雑記ブログ

僕の雄叫び

スポンサーリンク

ドキュメンタルシーズン3が最高に面白かった件。ゾンビと化した芸人の恐ろしさ【感想・ネタバレなし】

スポンサーリンク

f:id:sakayu9803:20170831181220j:plain

どうもYuyaです!

みなさんは「ドキュメンタルシーズン3」みました?

ぼく自身、ようやく全話見終えたので感想を書きます。

初めに言っておきます。今回は個人的に最高に面白かった!

※感想ですが、ネタバレは含まれませんのでご安心下さい。

ドキュメンタルシーズン3感想

ドキュメンタルとは

f:id:sakayu9803:20170831183815j:plain

まだドキュメンタルをご存じない方向けに軽く内容紹介を…

10人の芸人たちが自腹の参加費100万円を握りしめ、芸人のプライドと優勝賞金1000万円をかけて笑わせ合う。

最後まで笑わなかった者が勝ち。

密室に閉じ込められた芸人が極限まで追いつめられることで生まれる本能むき出しの笑いを見逃すな!(Amazonプライムビデオより)

 

まさに究極の笑わせ合いですね。

 

【魅力】毎回、必ず進化してくる。

シーズン1、シーズン2と続いてきて今回で3作目。

内容の性質上、ダウンタウン・松本人志がやりたい実験的な試みではありましたが、番組当初からネット上を中心に話題になっていました。

 

1,2と回を追うごとに新たなゲームシステム(ルール変更)が行われ、

確実に面白くなってきていました。

もちろん、今回のシーズン3でもゲームで脱落した芸人がゾンビとして再び笑わせに来るという「ゾンビシステム」が導入され、より進化していました。

 

「ゾンビシステム」は大正解だった

ドキュメンタルというタイトルからも察することができますが、カメラを気にすることなく、ある意味、素の芸人たちを映し出すドキュメンタリーが何よりも特徴です。

 

しかし、このドキュメンタリーという点は裏目にも出ており、

膠着(こうちゃく)状態で「面白くない時間」というのも存在していました。

そこもある程度は楽しめるんですが、視聴者からすると「笑えるポイント」というものがどうしても欲しくなってしまいます。

 

そこでこの「ゾンビシステム」を導入することで、

必ず場に変化が生まれる。

張り詰めていた現場をぶち壊すような笑いの刺客が笑えるポイントを作ってくれます。

 

芸人同士の異色のコラボ

何度も言うように今回の見所は「ゾンビシステム」です。

これについて、あと1つだけ言いたい魅力があります。

それは事務所の垣根を超えた芸人同士の異色のコラボです。

あのTBSの新春特別番組「史上空前!!笑いの祭典ザ・ドリームマッチ」を彷彿とさせるとんでもない化学反応が、この番組で起こります。

 

これは要チェックです。

深夜に腹がよじれるほど笑いました。

 

言わずと知れた実力者達

f:id:sakayu9803:20170831183037j:plain

ここまでで新たなゲームシステムが見どころとなっていることはお分かりだと思います。

しかし、本当の鍵となっているのは出演者達です。

ここでメンバーをリストにまとめました。

 

  • ケンドー・コバヤシ
  • 【フットボールアワー】後藤輝基
  • 【ロバート】秋山竜次
  • 【TKO】木下隆行
  • 【オードリー】春日俊彰
  • 【野性爆弾】くっきー
  • レイザーラモンRG
  • 【サンドイッチマン】伊達みきお
  • 【プラス・マイナス】岩橋良昌
  • 【極楽とんぼ】山本圭壱

 

 

誰と誰が化学反応を起こすのか。

誰が最終回まで残り優勝するのか。

 

あぁ…記憶を消してもう一度見たい。

(正直、消さなくても楽しめるけど)

 

「ドキュメンタル」 を見る方法

この番組はAmazonプライムビデオで見ることが出来ます。

Amazonプライムに加入すれば年間3900円(1ヶ月あたり350円)で音楽や映像(映画やアニメ等)をはじめとするコンテンツが使い放題です。

もちろん従来の買い物での使うお急ぎ便なども無料になりますし、

加入してる側からするとお得すぎるサービスのオンパレードなので必見ですね。

まぁ、無料体験で見ちゃうのも良いんだけどね!!それから考えるべし。

シーズン4もアナウンスされてるし、まだ一度も見たことがない人は

このビッグウェーブに乗るしかない!

Amazonプライム会員の会員登録・無料体験はこちら

スポンサーリンク