僕の雄叫び

デザイン学生による雑記ブログ

僕の雄叫び

スポンサーリンク

今やってる仕事は無駄?「エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする」を読んだ感想

スポンサーリンク

f:id:sakayu9803:20170805171213j:plain

この本はKindleのセールで買いました。

サブタイトルの「最少の時間で成果を最大にする」でお固いビジネス書かなと思っていましたが、

 

読んでみると核心を突く項目ばかりで、自分の生き方に対して改めて考える一冊でした。重要な項目をまとめつつ、感想を書いたのでぜひ。

エッセンシャル思考とは

この本のテーマである「エッセンシャル思考」

恐らく多くの人が聞き慣れない言葉だと思う。

エッセンシャル思考は、より多くの仕事をこなすためのものではなく、やり方を変えるためのものである。

(本文より抜粋)

 つまりこの本では、いわゆるタイムマネジメントだったりの仕事術ではなく、1つのやり方(考え方)について書かれたもの。

「より少なく、より良く」を追求する生き方。

 

選択の重要性

改めて、日々忙しい人にこそ読んで欲しいと思った。 

どこか自分の中にある「全部やらなくては」という気持ちが楽になるはず。

どうやら、仕事や日常の生活の中では、個人プレーではなく他の人に負担してもらうことも考えることが重要らしい。

楽をしようという話ではなく、本当に自分にとって重要な事にのみ、集中する方が合理的だということ。

 

目的をしっかり持ち、本質を捉える

この本を読んだ多くの人の胸に刻まれるであろう言葉がある。

「世の中の大半はノイズである」

この項目では、「80対20の法則」などの説を基に話が進められます。

重要な少数が瑣末な少数に勝ると。

しっかり自分の中で目的を持って、物事の本質のみに目を向けていきたいと思いました。

 

シンプルな生き方

結局、エッセンシャル思考とは何が言いたいのか。

そう聞かれたら「シンプル」という言葉が一番ふさわしいと思う。

これまで言った、全部自分で抱え込まず、嫌なものにはきちんのNOをいう。

しっかり自分の中で明確な目標設定をして、本当に重要なものに対して向かっていく。

この「自分に嘘をつかない」生き方こそエッセンシャル思考なんだと思う。

 

肩の荷が降りて、やる気が湧いてくる一冊

一貫して当たり前といえば当たり前、でも要求されると難しいと思う事が多くあった。

人は何かを捨てることが苦手な生き物。

無駄なものは捨てて、必要なものだけに取り組む姿勢はシンプルかつ、本質を捉えてるのかもしれない。

自分はあれこれ考えてしまう癖がある。

あらかじめ、自分の中でブレないものがあれば、決断も早く、多くを悩む必要もなくなるんだと思う。

 

最近、読んだ本の中でも本当に良い本だった。

読書メーターなどレビューサイトでは自分のバイブルにしている人も多く見られた。

手にとって読んでみて損はない一冊。

スポンサーリンク