僕の雄叫び

デザイン学生による雑記ブログ

僕の雄叫び

グラフィックデザイナー志望だけどCINEMA4Dの勉強をはじめた。

スポンサーリンク

f:id:sakayu9803:20170802084643j:plain

 

どうも一足先に実家に帰省中のYuyaです。

さてさて、タイトル通り最近、CINEMA4Dの勉強をはじめました。

 

CINEMA4Dっていうのは、ドイツ製の3DCGソフトでして、

モデリングからアニメーションまで出来てしまう割りとメジャーな製品です。

 

何故、グラフィックデザイナーを目指す僕が3Dを勉強し始めたのか?

これはですね、大変シンプルな理由で、

「やりたかったから」

「3Dできるデザイナーかっこよくね?」

 

 …の2つです(苦笑)

 

まぁ、グラフィックデザイナーが3Dやっちゃいけない理由なんてないですし、

極端な話、自分の幅が広がるならサッカー選手が野球やったっていいと思うんですよね。

100%のことが1つできる人間より、80%のことが2つできる人間の方が僕は魅力的だと思うし、社会も徐々にそれを認めつつあるんじゃないかと。

 

学生の強い味方それは「無償」

そして、CINEMA4Dを勉強するにあたって大きな後押しになったのが、これ。

CINEMA4D 無償学生版

CINEMA 4D学生サイト – MAXONは、学生のクリエイティブを応援します。

通常価格で約10万はくだらない3Dソフト(CINEMA4Dはバージョンや種類で価格差あり)が、学生だと無償…。

これはやらない理由がありませんでした。

CINEMA4D側としても若い人材を育てたいみたいです。

 

ということで、勉強を始めたんですが…このソフトびっくりするくらい情報が少ない!

あるといえばあるんですけど、出版されている技術書も数冊で、公式と有志の方の解説がちらほらあるくらいで、初心者にはあまり親切じゃないみたいです。(個人的な甘えですかね…? 汗)

 

YouTubeに良さげなチュートリアルがあったので、まずはそれをやってみました。



動画を何度も止めて苦戦しつつも…

f:id:sakayu9803:20170802081755j:plain

 

おお、それっぽいのが出来た。

普段、グラフィックで平面状で制作しているので、カメラがぐるぐる動かせたり、

ライティングや物理演算(写真の落下してブロックを壊してる球体)など新鮮でした。

 

3Dソフトは過去にBlenderというフリーソフトを触ったことがあったんですが、CINEMA4Dの方がUIが分かりやすい気がします。

そして、このYouTubeのチュートリアルを満足気にやって再び気づきました。

「どこで勉強しよう…?」

いや、ほんとね、初心者入門サイトみたいなのが少ないのよ!(2回目)

 

と、ここで最近、初心者向けのCINEMA4Dの本が出版されたとの情報をキャッチ。

(MAXON公式Twitterが呟いてました)

良かった…!とりあえずポチッ。

 

今年の夏はCINEMA4Dを頑張ろう。

 

P.S.けものフレンズってCINEMA4Dで制作されてるんだってよ(見たことないけど) 

スポンサーリンク