僕の雄叫び

デザイン学生による雑記ブログ

僕の雄叫び

スポンサーリンク

地方で上昇志向のない人が東京に来ても何も変わらない

スポンサーリンク

f:id:sakayu9803:20170330151740j:plain

どうも、九州出身のsakayuです。

突然ですが、

上昇志向という言葉をみなさんご存知ですか?

 

自己啓発本なんかでよく目にしたりしますね。

上昇志向

読み方:じょうしょうしこう

向上心ハングリー精神などを持って、より高い次元目指そうとする気持ちのこと。「上昇志向が強い」という場合、単に「向上心が強い」というよりも、「権力欲や出世欲などが強い」といった意味でしばしば使われることもある。

(Weblio辞書)  

 

これを踏まえて、本題。

僕自身、今日で東京に出てきて1年が経ちました。

地元にいたときとは大きく環境も変わり、なんとか学業に専念できています。

そんな中、よく地元の友達に言われることがあります。

「東京に行きたい」

田舎の出身だからこそ、ある都会への憧れ。

人も物もたくさんある。オシャレな服を着て、今よりもっと華やかな生活。

東京に行けばきっと何かが変わる…

正直に言いたい。

「変わるわけないじゃん」

まぁ、正直にこれで切り捨てるわけではないですが、

少なくとも目的のない上京で変われるわけないじゃんってことです。

たしかに、交通の面ひとつをとっても、大きく違う東京。

成功への道、チャンスもたくさんあると思います。

しかし、地元にいる頃から何か1つでも努力して、上昇志向でひたむきに頑張ってる人でもなく、ただ現状維持に精一杯な人が東京に来てもなんら変わらないことを分かって欲しい。

ぶっちゃけ当たり前ですが、努力なんて東京じゃなくても出来るし、

この場所でしか実現できないものがあれば上京すればいい。

東京が人を変えてくれるわけじゃないのに、どうも勘違いしている人が周りに多い。

たがだか1年東京にいる若造の僕でも気づきました。

地元を離れて上京するくらいで大きなリスクを背負ってる気の人もどうかしてる。

 

今日で一年。僕にはまだまだやりたいことがたくさんあるし、

この地でしか叶えられないものもある。

親には迷惑かけっぱなしですが、まだまだ頑張りたいと思いました。

頑張りたいじゃないですね、頑張ります。

 

1年を迎えた学生のぼやきでした。 

スポンサーリンク